ミュージアム 見たい

宮城県慶長使節船ミュージアムサン・ファン館

大航海時代の歴史と帆船文化を紹介!

宮城県制150周年関連事業開催中!

今から約400年前の江戸時代初期、仙台藩主「伊達政宗」の命により、石巻・牡鹿半島月浦(つきのうら)から出帆した支倉常長ら”慶長遺欧使節”。宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)は、当使節を乗せ、太平洋を渡った木造洋式帆船「サン・ファン・バウティスタ」号の航海の様子を中心に当使節の偉業を現在、そして未来に伝える博物館です。
起伏に富んだ牡鹿半島の豊かな自然と、眼下に広がる大海原。
彼らが目指した先には、どんな世界が広がっているのでしょうか。

館内ではさらに最新のVR映像などで、船内の様子を知ることができます。
※リニューアル準備のため、11月1日より休館します。

入館料 350円
※高校生以下無料
0225-24-2210
宮城県石巻市渡波字大森30-2
9:30~16:30[8月中]17:30まで
(最終入館は閉館時間30分前)
火曜日(祝日・お盆休み除く)
https://www.santjuan.or.jp/

リボーンアート・パスポートご提示特典

ご来店時にパスポート提示で
観覧無料&ショップ会計5%割引 (お1人様1回限り)
開催期間中(8/3~9/29)有効